日本代表サッカー、タジキスタン戦 大勝 | バラエティ劇場

日本代表サッカー、タジキスタン戦 大勝

日本代表は11日、大阪長居スタジアムで2014年W杯アジア3次予選の第3戦となるタジキスタン戦で8―0と大勝した。


2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選C組は第1戦が大阪・長居スタジアムであり、
日本―タジキスタンは日本が8―0で大勝し日本が単独首位に立った。

けがの本田(CSKAモスクワ)に代わってトップ下に入った中村(川崎)が効果的な動きで好機をつくり、

前半11分のハーフナー(甲府)の代表初得点を皮切りに前半に4ゴール。
後半も攻め手を緩めず、4点を加えた。

日本のスタメンは、GK川島、DF長友、今野、吉田、駒野、MF遠藤、長谷部、中村、
FW香川、岡崎、ハーフナー・マイク。

日本8-0!香川、岡崎、ハーフナーが2点ずつ!!駒野&中村が1点ずつ!で圧勝!!

日本が11月11日に敵地であるタジキスタン戦に勝ち、北朝鮮がウズベキスタンに敗れると、
最終予選進出が決まる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 日本代表サッカー、タジキスタン戦 大勝