薬丸裕英「はなまるマーケット」終了で家計が大ピンチ | バラエティ劇場

薬丸裕英「はなまるマーケット」終了で家計が大ピンチ


ほのぼのとした雰囲気が取り柄だった「はなまるマーケット」だが、
終了を前にして色々な嫌な話題が入ってくる。
それとは別だが、薬丸裕英は番組終了で家計が大ピンチになりそうだ。


「はなまるマーケット」は、薬丸さんの相方である、岡江久美子(57才)が
実母の介護をするために番組降板を申し入れたのが原因だと言われている。

表向きは視聴率の低下だが実のところは真相は定かではない。

番組終了は薬丸さんは表面には出さないが相当お怒りのようだ。

薬丸さんと岡江さんの不仲は周りも知っている有名な話だが、
番組終了の話も薬丸さんは知らずに岡江さんが知っていたことが、
薬丸さんの怒りをさらに増幅させている。

その怒りはすごく、打ち上げパーティーも未だに開催されるかどうかも決まっていないという。

2人のギャラは年間で1億円といわれているが、岡江さんの方は自分から降板を申し入れるだけあって、
旦那さんも稼いでいるし、娘さんも女優として独り立ちしているので問題はない。

大変なのは薬丸さんだ。

薬丸さんは3男2女の大家族で、長男は俳優デビュー、次男はプロサッカーを目指してスペインで生活している。

他の子どもは有名私立に通い、奥さんの石川秀美さんは芸能活動はほとんどしていない。

さらに家計を苦しめているのは2001年に20年ローンで建築した5億円の豪邸の返済だ。

これまでもローンの返済が大変とこぼしていたくらいだから、
番組終了で大きな収入の道が閉ざされると薬丸家は死活問題になってくる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 薬丸裕英「はなまるマーケット」終了で家計が大ピンチ