近鉄系ホテル、食品偽装の返金に応じず | バラエティ劇場

近鉄系ホテル、食品偽装の返金に応じず


もう、有名ホテル、有名レストランの食品偽装の嵐が吹きまくっている。
正直に食品偽装を発表し、謝罪し、食品偽装して販売した商品に対しては
誠意をもって返金応じる姿勢があれば、
まだしも、近鉄系ホテルでは大半の返金に応じていない。


近畿日本鉄道では、系列の9つのホテルや旅館のレストランで食品偽装が発覚している。

偽装表示は20品以上にのぼり、利用者は少なくても約40万人もいる。

修学旅行生に「大和肉鶏」といってブラジル産の鶏肉を使っていたことも判明している。

他には、シェラトン都ホテル大阪では、
牛脂注入肉を「牛ビーフステーキ」と表示し、約19万人に提供していた。

ブラジル産鶏肉を大和肉鶏として提供していたのは、
「ミシュランガイド関西2014」にも掲載された「奈良万葉若草の宿三笠」も
修学旅行生ら約1万4千人に出されていた。

近鉄側は、牛脂注入肉を使った成型肉を「ステーキ」などとして提供していた
約37万人以上の消費者は返金対象としていない。

近鉄側の言い分としては、料金相応のサービスをしていると説明している。

同じ牛脂注入肉を使った、阪急阪神ホテルズでは、返金でおわびの気持ちを伝えたいと
返金をしている。

明らかに対応がわかれたが、返金でも私は裏切られた人にとっては、
許されないことだと思う。

それが、返金にも応じない近鉄は考え方がどうかしている。

きっと、これから大きな天罰が下るだろう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 食品偽装 » 近鉄系ホテル、食品偽装の返金に応じず