田中将大(マー君)第6戦黒星の真犯人 | バラエティ劇場

田中将大(マー君)第6戦黒星の真犯人


田中将大(マー君)は、日本シリーズの大6戦で巨人に敗れたのではなかった。
今オフシーズンの大リーグ挑戦の夢が切れたからだった。


田中選手はを今まで支えてきたのは、今オフシーズンの大リーグ挑戦だった。

つまりは、日本シリーズでの登板が日本での最期という思いで頑張ってきたのだ。

楽天も出来れば田中選手の希望をかなえて旬の内に、
大リーグに送り出したい、大リーグ側も、いますぐにでも田中選手がほしい。

日米とも々方向を向いているはずだったのだが、

田中選手が日本シリーズ第6戦に登板する数時間前に、
日米間の新入札制度が決裂したのだ。

このニュースが田中選手の耳元にはいり、動揺が走ったために、
第6戦が破れ、不敗記録もストップしてしまったのだ。

日米間の新入札制度の話し合いは日本時間2日午前中に行われいた。

どうしても田中選手が欲しい米側は、条件面でかなり譲歩していたので、
合意は確実とみられていた。

ところが、日本側のノーによって交渉は打ち切られた。

田中選手が大リーグを目標に頑張ってきたのが、
緊張の糸がプツンと切れてもおかしくはない。

反対したのは、日本野球機構(NPB)か日本プロ野球選手会だと言われている。

田中選手に黒星をつけさせたのは、巨人ではなく、他にいたということだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 野球 » 田中将大(マー君)第6戦黒星の真犯人