カルロス・ゴーン、日産を食い物にするえげつない人事 | バラエティ劇場

カルロス・ゴーン、日産を食い物にするえげつない人事


11月1日に、カルロス・ゴーンはソウルへの出張を急遽取りやめ、
日産のえげつない首脳人事を発表した。


日産は、2期連続で通期業績を下方修正した。

その責任を取るのなら、CEOのカルロス・ゴーンが真っ先のはずだが、
自分自信は横において、現在の志賀俊之最高執行責任者(COO)を代表取締役のまま副会長とした。

つまりは、志賀氏を副会長に祭り上げたということだ。

わかりやすくいうと、飾り物にしたわけが。

志賀氏の後任業務は現在3人の副社長が引き継ぐが、2人はルノー出身。

1人は日産生え抜きだが、
今回の人事で尖閣諸島で揺れる中国市場の統括責任者となった。

つまりは、回復が難しい中国市場を日本人に押し付け、
ルノー出身者のどちらか1人に日産の後をまかせようという魂胆なのだ。

現在、日産、ルノーの連結決算、純利益2100億円のうち、
1540億円を日産が稼ぎ出す。

実に7割強を日産が稼いでいるのだが、
もっと、もっと日産から利益をすいあげようという魂胆なのだ。

なんともえげつない人事だ。

しかし、日産でカルロス・ゴーンに変わる人物がいないのも、
実に悲しい真実でもある。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 経済 » カルロス・ゴーン、日産を食い物にするえげつない人事