みのもんた、嘘をついた謝罪会見 | バラエティ劇場

みのもんた、嘘をついた謝罪会見


先週末に、みのもんたは謝罪記者会見を行ったが、その会見内容に嘘があった。

みのは記者会見で子供、は厳しくしつけた、甘やかさなかった。]
小遣いも多くは与えなかった。

と主張していたが、小遣いどころか、
もっと高額な東京、青山の土地を買い与えていたのだ。

みのもんたの嘘を報道したのは「週刊文春」。

みのを直接取材したのは週刊誌では2社しかない。

女性自身と週刊文春だ。

女性自身は、みのと関係がよく、仲のよい記者もいる。

取材した記事の内容も美談仕立てで仕上げられていた。

しかし、もう1つの取材した週刊誌「週刊文春」は、
みのの所有財産を一覧にして事実を伝えていた。

その中で、子供への土地の提供が明らかになったのだ。

「週刊文春」の取材は実は、みの自身が週刊文春に電話をかけて
取材をして欲しいと頼み込んだという。

真相は、文春がみのの土地関係を取材している事を察知して、
大慌てで連絡を取ったのだった。

記事を抑え込もうと思ったのだろうが、こんなにみのは稼いでいたのかと、
みのの所有不動産が一覧になって失敗に終わったわけだが。

一時が万事でみのには、まだまだ嘘が隠されているような気がしてならない。

これは思い過ぎだろうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » みのもんた、嘘をついた謝罪会見