阪急阪神系ホテルが偽装した具体的な食材 | バラエティ劇場

阪急阪神系ホテルが偽装した具体的な食材


阪神阪急グループの8つのホテルのレストランで、食材の偽装が行われていたことがわかった。
偽装された食材を具体的に紹介します。


まず、阪神阪急グループの8つのホテルのレストランとは、

ホテル阪急インターナショナル、大阪新阪急ホテル、ホテル阪神、第一ホテル東京シーフォート、
六甲山ホテル、宝塚ホテルなどの8つのホテルと、大学病院内のレストラン23店舗です。

食材の偽装は、2006年から計47品目の食材で行われていた。

具体的な偽装食材は、

霧島ポーク            ⇒ 産地が異なる 
信州そば(105円/一人前)   ⇒ 中国産ブレンド麺(68円/一人前)
地鶏               ⇒ 産地が異なる
九条ネギ(2000円/Kg)    ⇒ 青ネギ(800円/Kg)
芝海老(2500円/Kg)    ⇒ バナメイ海老(1400円/Kg)
レッドキャビア(16000円/Kg) ⇒ トビウオの卵(3000円/Kg)
鮮魚のムニエル          ⇒ 冷凍魚
絞りたてフレッシュオレンジジュース(1400円/杯)⇒既製品ジュース(500円/1L)

ここにあげたのは、ほんの一部ですが、あまりにもひどすぎますね。

hannsin

これが7年も続いていたとは、ほとんど詐欺ですね。

他のホテルは大丈夫でしょうか?

疑いたくなってしまいます。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » グルメ » 阪急阪神系ホテルが偽装した具体的な食材