「笑っていいとも」終了の本当の理由 | バラエティ劇場

「笑っていいとも」終了の本当の理由


長年続いた「笑っていいとも」が来年の3月いっぱいで終了することが発表され
話題になっているが、「笑っていいとも」が終了できた本当の理由を語ります。


タモリは、「笑っていいとも」の視聴率も落ち、自分自身も高齢になってきたため、
「笑っていいとも」を降板してリタイアしたいと、ここ数年ズット思っていたが、
それが出来なかった。

どうしてかというと、タモリの所属する事務所
「田辺エージェンシー」の経営がやばくなるからだった。

田辺エージェンシーには、今でも「笑っていいとも」の
ギャラが年約5億円入ってくる。

タモリはギャラの半分をもらい、残りが田辺エージェンシーの収入となっていた。

この大金が無くなると、田邊エージェンシーの経営が危なくなるので、
タモリはズット降板できないでいたのだ。

では、何故、降板することが出来たかというと、
田辺エージェンシーに新しい収入源が確保されたからだ。

新しい収入源とは、堺雅人と、夏目三久だ。

堺雅人についてはいう事は無いでしょう。

「半沢直樹」で大ブレークして、
仕事のオファーは殺到し、CMも続々と決まっている。

夏目もフリーになり、出演番組も増え、これからの活躍が期待される。

田辺エージェンシーには、研ナオコや由紀さおり、永作博美らもいるが、
とてもタモリの穴を埋める事は出来ない。

タモリは、堺雅人と夏目三久の活躍がなければ、降板することはできなかっただろう。

つまりは「笑っていいとも」の終了も無かったことになる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 「笑っていいとも」終了の本当の理由