ロールキャベツの紐はパパイヤだった。 | バラエティ劇場

ロールキャベツの紐はパパイヤだった。


ロールキャベツの紐が干瓢ではなく、パパイヤだということが、
どうしてわかったかというと、伊藤忠商事が輸入販売している、
ロールキャベツに不具合があり自主回収をする旨を発表したからだ。

問題のロールキャベツはタイ国産で、今まで干瓢だと思っていた紐がパパイヤで、
そのパパイヤが遺伝子組み換えパパイヤが使用されていたのだ。

商品は伊藤忠商事が輸入し子会社のプリマハムが販売しているが、
自主検査でわかったという。

人的影響はないが、念のために自首回収をするということらしい。

今回の発表で遺伝子組み換えよりも、驚いたのはロールキャベツに使われている紐が
干瓢ではなく、パパイヤだったことだ。

それにびっくりしたのは、私だけではないようだ。

ネット上には同じような書きこみが多くみられる。

この商品は私も食べたことがあるが、説明書の時間通りに煮込んでも
紐が硬かったことを覚えている。

これで納得した。

干瓢ではなく、パパイヤだったからなんだ。

もっと、詳しく消費者に教えて欲しいと思ったが、きちんと商品説明には記載があった。

原材料名には「帯状パパイヤ」または「パパイヤかんぴょう」と書かれている。

まあ、しかし、ここまで注意して普段見る人はいないだろう。

これを騙されたとみるのか、よく商品開発したとみるのは、まあ人それぞれかな。

私は、自分の関心の低さに改めて納得した。

ちなみに自主回収商品はこれです。

roru

賞味期限が2013年11月13日」以前の商品です。

こちらは、賞味期限2014年8月9日以前の商品が対象です。
roru1

こちらの商品は、4,200円と高価だが、大丈夫なのかな?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » ロールキャベツの紐はパパイヤだった。