落合GMのオレ流の補強選手はこの3人 | バラエティ劇場

落合GMのオレ流の補強選手はこの3人


元中日監督の落合博満氏は、中日球団初のゼネラルマネージャー(GM)に
就任することが正式決定したが、もう来季に向けての補強選手が心に秘められていた?!


落合博満氏には、中日の白石文吾オーナーも絶大な信頼を寄せていて、
チームの編成の手腕に大いに期待を寄せている。

落合氏が心に秘めるオレ流補強選手はこの3人だ。

まず1人目は、ヤクルト・相川亮二捕手(37)。

この選手はどうしても欲しい。

来季監督の谷繁捕手は監督と選手のプレーイングマネージャーをこなすが、
最近は体力の問題もある中、監督兼任では、いくら休養日をつくっても
精神的、体力的な負担はそうとうなものになるはずだ。

そのあたりを落合氏は考えている。

2人目は、西武・涌井秀章投手(27)だ。
桶井選手は女性問題や成績不振でイメージはよくないが、
落合氏は桶井選手を高く評価している。

3年前になるが,交流戦で対戦した時には、
他球団の選手をめったにホメない落合氏だったが、桶井選手に対してはベタ褒めしていた。

3人目の選手は、巨人の小笠原道大内野手(39)だ。
年齢的な体力の衰えは感じるが、落合氏と小笠原は日本ハム時代から“師弟関係”で、
浪人生活を送っていた中村紀(現DeNA)を拾って再生させた実績もある落合氏なら
、まだ復活できるとみているようだ。

果たして落合GMのオレ流補強が実現するだろうか?

かつ、あの頃の強い中日ドラゴンズを復活させることが出来るのだろうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 落合GMのオレ流の補強選手はこの3人