ASKAの音楽生命が終った | バラエティ劇場

ASKAの音楽生命が終った


10月9日発売の「週刊文春」で、薬物使用、暴力団との交流を明かしたASKAだが、
回りの関係者は、これでASKAの音楽生命は終わったとみている。


心配された覚せい剤使用だが、これは覚せい剤ではなく
劇薬指定医薬品、中枢興奮・鎮痛剤「安息香酸ナトリウムカフェイン(アンナカ)」だったが、
この薬物をASKAは暴力団員からわけてもらっていた。

これが法律的に罪になるかどうかだが、
ASKA氏は暴力団員からもらった、プレゼントされたと話している。

金銭的に本当に何も授受がなければ、受け取る側は罪にならないという。

もちろんグレーではあるらしいが。

問題なのは、暴力団員との交流だ。

島田紳助の例があるように、音楽業界を始め、
エンタテイメント業界では、暴力団との関係に非常にセンシティブになっている。

メディア関係は特に顕著だ。

こんな背景から、業界が今後ASKA氏を起用することはあり得ないだろうという。

業界関係者のあいだでは、今回の報道で
「事実上、ASKAの音楽生命は終わった。」という見方が広がっている。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » ASKAの音楽生命が終った