中日新監督は、落合博満の予定だった。 | バラエティ劇場

中日新監督は、落合博満の予定だった。


中日の新監督に、谷繁元信捕手が
プレーイングマネージャーとしての就任が決まったが、
中日新監督に最有力だったのは、落合博満氏だった。


中日球団は、高木監督の後、中日監督在籍8年間の間に
4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏に監督に就任して貰いたかった。

しかし、落合氏は健康問題があり、玄人は好むのだが、
ファンには今一つの采配がネックで関連企業との意見調整に苦労したこともあり、
今回は中日球団初のゼネラルマネージャー(GM)としての就任となった。

新監督の谷繁氏は、現役続行の意思が強く、
プレーイングマネージャーという立場をとる苦肉の起用となったが、

新落合GMとともに、主力が高齢化し弱体化したチームの再建に臨む。

成績、業績不振の責任を取り、坂井球団社長も退任することから、
フロントと現場の意思疎通も上手くはかれることだろう。

他チームからは、落合GMは実績があるだけに、怖い新体制だとみられている。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 中日新監督は、落合博満の予定だった。