ワールドカップ アジア3次予選、タジキスタン戦 | バラエティ劇場

ワールドカップ アジア3次予選、タジキスタン戦

日本代表は11日、大阪長居スタジアムで2014年W杯アジア3次予選の第3戦となるタジキスタン戦に臨む。

強化試合として行われた7日のベトナム戦では、3-4-3のフォーメーションと控え選手をテストしたが、
収穫の乏しい1-0の辛勝という結果に終わった。

本田圭佑の不在に加え、香川真司の不振という不安材料も残されたまま第3戦を迎える。
本田の穴を代わりの選手で埋めるのか、それともシステム変更でカバーするのか、

ベトナム戦で解決方法は示されなかった。9月の2連戦で存在感を見せたハーフナー・マイクや、
ベトナム戦で奮闘した原口元気や中村憲剛らの起用法も含めて、ザッケローニ監督のさい配にも注目が集まる。

対戦相手のタジキスタン監督は弱気だ。

来日直前にインフルエンザで主力2人が離脱したこともあり、指揮官は
「勝つ確率は100分の1か、200分の1か、1000分の1ぐらい。われわれは日本の実力を知っている。
スターが多く、洗練されているチーム。日本という世界レベルのチームとの試合で勉強するために来た。
とにかく恥ずかしくない試合をしたい」と早くも白旗を上げている。

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » ワールドカップ アジア3次予選、タジキスタン戦