シベリア,ロシア,雪男,イエティ,生息可能性95% | バラエティ劇場

シベリア,ロシア,雪男,イエティ,生息可能性95%

世界各地の雪男に関する情報を交換する国際会議は雪男の生息可能性95%との内容を盛り込んだ
総括宣言を採択し、閉幕した。



6~8日に開かれた国際会議は、ロシア西シベリアのケメロボ州で開かれた。

その会議は10日までに、「ケメロボ州で雪男が生息している可能性は95%」
との内容を盛り込んだ総括宣言を採択し、閉幕した。

会議には、ロシア、米国、カナダ、エストニア、スウェーデン、中国、モンゴルの7カ国から生物学、
人類学、遺伝学などの専門家が参加。

2009年2月に全身が毛で覆われた、体長2メートル前後の人間に似た生物の目撃情報が
10件以上寄せられた同州南部ゴールナヤ・ショリヤの洞窟などを探索した。

2009年2月以降、州政府も加わった調査がこれまでに数回行われ、
今年7月には洞窟に監視カメラも設置されている。

専門家は体毛や居住場所など雪男のものとみられる新たな痕跡を発見したと主張している。
旧ソ連時代から目撃情報がある同州では1958年に雪男の学術調査が行われたが、
今回のような大規模な会議が行われるのは初めてという。

一方でケメロボ州のイスラモフ副知事は「雪男がいるかいないかは重要でない。大切なのは州南部に来れば、
観光客は独特の自然から本当の満足感を得られることだ」と指摘している。

7日、ロシア西シベリア・ケメロボ州南部の洞窟で、足跡のようなものを調べる専門家ら(同州タシタゴル町提供・共同)




この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

    None Found

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » 時事 » シベリア,ロシア,雪男,イエティ,生息可能性95%