バカッターその後の損害倍賞問題 | バラエティ劇場

バカッターその後の損害倍賞問題


今年の夏は、迷惑ツイッターの面白画像がさかんだったが、
当該のバカッターの若者たちは、その後の責任はどうなっているのだろう?


まず、会社が損害倍賞を検討するといち早く打ち出したブロンコビリーの元従業員だが、

当該店舗の閉店も決まり、若者への損害賠償請求金額は2000万円になりそうだ。

専門家によると、実際には500万円前後、払うことになるのではと言われている。

当該の若者は、怖くて外に出れない日が続いているという。

ピザーラや西友でバカッター騒ぎをした若者は、当然会社からは全員解雇。

ピザーラは営業を停止し、保存食の廃棄、消毒作業にかかわった損害を請求する。

西友も棚の撤去、買いものカゴの消毒など、
忙しい思いをしたがその分、被害届を提出予定。

アイスクリームケースに横たわられたスーパーカスミでは、
アイスの返金、廃棄分など、計算中。

当該の若者は通学していた調理師専門学校を退学させられている。

バカッター達は、一時期は愉快でたのしかったかも知れないが、
いまさらながら自分がしでかした馬鹿さ加減に、眠れない夜が続きそうだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » バカッターその後の損害倍賞問題