池上彰,安倍総理の本音は消費税アップよりも憲法改正だと語る | バラエティ劇場

池上彰,安倍総理の本音は消費税アップよりも憲法改正だと語る


Mr.ニュ―スこと池上彰が、安倍政権は憲法改正するまでは、
消費税1%づつ段階的にアップすると語る。


池上彰のこの発言は、8月20日発売の週刊誌アサヒ芸能(8月29日号)
で語られている。

要は安倍総理は、憲法を改正するために、参議院でも3分の2を確保するまでは、
国民の指示を得るために、消費税を1%づつあげて、国際社会からも、
国民からも支持を得ようとしていると言うのだ。

何か、発言だけを聞いていると、景気回復が第一優先項目ではなく、
憲法改正が一番のように聞こえる。

消費税のあげる条件としては、GDPの成長率が2%を超えるのが条件だったが、
今年の4~6月期のGDPの成長率を年換算すると2.6%になり、
十分消費税を上げるための条件はそろっている。

しかし、せっかく景気が上向いてきているのに、97年の橋本内閣のように、
消費税を3%から5%にアップしたら景気が一気に冷え込んだ、にがい実績があります。

安倍総理は、それを心配して、消費税を上げる色々なシュミレーションをしています。

仮に毎年1%づつあげるならば、景気の落ち込みがなだらかになる試算をしているようです。

日本は IMF(国際通貨基金)に対して消費税を上げて財政再建をすると
約束しているから消費税を先送りすることはできない。

もし、そうなれば国際的な信用を一気になくしてしまう。

しかし、1%づつあげれば公約を守ったことになるし、国民の負担も少なくすみ、
安倍総理の人気も維持できると思っているようだ。

人気が持続している間に、なんとか憲法改正をするというのが、
安倍総理の一番優先事項ということがかいま見えるようです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 池上彰,安倍総理の本音は消費税アップよりも憲法改正だと語る