半沢直樹 第二部 ネタバレ | バラエティ劇場

半沢直樹 第二部 ネタバレ


半沢直樹(堺 雅人)は、第1部では、無事、5億円を回収し、
融資課長から営業第二部次長に昇格して栄転になったのですが・・・・。

栄転した東京での活躍、第二部を結末まで暴露、ネタバレします。


ドラマの舞台になっている、東京中央銀行は、
三菱東京UFJ銀行ということは知られていますが、
原作者の池井戸 潤氏は、元東京三菱銀行マンだったんですね。

第二部は栄転して東京本店営業部が舞台になりますが、
第一部と違って戦う相手も役員等大物になってきます。

金融検査官も出てくるのですが、
実際にUFJ銀行で検査にあたった人の名前を、もじっているようです。

わかりやすいですね。

半沢は、東京で伊勢島ホテルを担当することになるのですが、
担当するまでは伊勢島ホテルは、銀行から200億円の融資が実行され
経営が立ち直り黒字化されていると聞いていたのですが、

いざ担当してみると、この融資の裏には、もう一つ別の融資疑惑があり、
そこに東京中央銀行の大和田 暁常務(香川照之)の奥さんが経営している
会社が関係しているらしいと言う事がわかります。

調べていくと、当時の支店長の優越的地位を乱用しての「浮き貸し」
が行なわれていたらしいことがわかってきます。

太田常務は、その融資の時には、その支店にいなく、
私の判断でしたのではない。と逃げるのですが。

最期には、大和田常務の部下である岸川が事実を暴露し決着がついてジ・エンドです。

このネタバレは、池井戸 潤氏の半沢直樹シリーズ『オレたち花のバブル組』を基にしています。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 半沢直樹 第二部 ネタバレ