認知症男性による電車の遅れ、遺族に賠償命令、約720万円 | バラエティ劇場

認知症男性による電車の遅れ、遺族に賠償命令、約720万円


認知症の男性が線路内に立ちいり、死亡事故を起こし、
列車が遅れたりした事件で、裁判所は遺族に約720万円を請求した。

この事件は2007年12月に愛知県大府市で起きたJR東海、東海道本線の列車事故だが、
当時91歳の認知症の男性が家族が目を話した隙に家を抜け出し、列車と接触する事故を起こしてしまったのだ。

男性は、「常に介護が必要」とされる「認知症高齢者自立度4」だった。

男性の家族は、当時85歳の妻だった。

裁判所は、妻はもちろんだが、別居している長男に対しても、
適切な措置を講じていなかったとして2人に賠償金を支払うように求めている。

列車の事故というのは、後で莫大な請求金額がくるというが本当だった。

しかし、介護責任があるとはいえ、本人も介護が必要であろうと思われる高齢の妻と、
別居している長男にまで支払を要求するとは、鬼としか思われない。

確かに法律上はそうかもしれないが、あまりにも遺族にはひどすぎる措置のように思われる。

何か、救済処置は無いのだろうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 認知症男性による電車の遅れ、遺族に賠償命令、約720万円