舞台中止騒動の土屋アンナのギャラは210万円。安すぎ! | バラエティ劇場

舞台中止騒動の土屋アンナのギャラは210万円。安すぎ!


土屋アンナの主演舞台「誓い~奇跡のシンガー~」が中止になり、
土屋アンナに損害倍賞を求めた訴状の中身が明らかになった。

土屋アンナのギャラは、公演終了後に支払われる予定のたった210万円だった。
これは、業界相場からしてもあまりにも安い金額だ。

公演が実行されれば、公演は東京と大阪で系13ステージあり、
土屋アンナが参加すべき稽古は12回あった。

土屋アンナが主演は初めてとはいえ、相場としては国内外の映画賞を受賞した40代女優の場合だと、
20ステージに稽古を含めて1000万円は下らないという。

それから思うと随分と安く抑えられているのだ。

訴状の合計損害賠償金額は、合計で3026万円だが、
ウエートが大きいのは起訴した本人である甲斐氏への損害金額だ。

演出料105万円、脚本料105万円、作詞作曲料105万円だ。
これに慰謝料の200万円を加え、合計515万円に上る。

起訴をして裁判をするとなると、こうして内部事情がすべて筒抜けになってしまうのも、
夢を与える芸能界にしては、どうかなと思ってしまうが、いかがなものだろう。

しかし、早々と甲斐氏が起訴を起こすことを考えると、心情的には納得がいかないが、
甲斐氏側に契約上の落ち度はないと言うことなのだろうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 舞台中止騒動の土屋アンナのギャラは210万円。安すぎ!