周南事件、犯人下着姿で発見 | バラエティ劇場

周南事件、犯人下着姿で発見


5人の命が奪われた山口県周南市金峰みたけの連続殺人・放火事件犯人が捕まった。
山の中で下着姿で発見された。

周南事件の犯人は、やはり同じ集落に住む保見光世(ほみこうせい)だった。

保見は事件現場すぐ近くの山の中に潜み、警官に発見されたときは、上下とも下着姿だった。

地域の住民も犯人が逮捕されてホッとしている。

保見は午前9時5分頃、機動隊員に発見され、逃げる様子はなく機動隊員が名前を告げて確認すると、素直に「はい」と答えた。

保見は死のうと思ったが死にきれなかったと話している。

体には擦り傷があり、衰弱はしているが健康だという。

今回の発見の鍵もやはり携帯電話らしい。

携帯電話は圏外でも微弱な電波を発信していて、それで居場所がわかるようだ。

何にしても犯人が捕まってひと安心だが、動機など事件の全貌を早く突き止めてほしい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 周南事件、犯人下着姿で発見