iPS細胞臨床研究、世界発正式承認 | バラエティ劇場

iPS細胞臨床研究、世界発正式承認


iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使っての臨床応用試験が19日、田村憲久厚生労働相の承認により世界で初めてスタートすることになった。


iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、京都大の山中伸弥教授のノーベル賞受賞で一気に注目を浴びた研究だが、教授が平成18年にマウスで作成し、翌年の19年に人で成功してから、6年での臨床応用となる。

厚生労働省は2月に申請を受け付け、世界発の臨床研究で社会的な影響も大きいことから集中審議を行い、通常よりも2ヶ月も早く5か月で承認の結果を出した。

臨床応用は、「加齢黄斑変性」という目の病気の治療の目的で行なわれるが、来年の夏には患者への移植手術が行われる予定だ。

条件にかなった50歳以上の6名を対象に、今年中に患者を決め、患者の皮膚を採取しiPS細胞を作製し、来夏に移植をする。

当初は視力の大幅な回復は見込まず、安全性を確認するのが主目的で研究を進める。

移植手術後、4年間にわたり、腫瘍ができないかなどを研究する。

iPS細胞は、あらゆる組織や臓器の細胞を作り出す事が可能と言われ、再生医療の治療への応用が期待されている。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » iPS細胞臨床研究、世界発正式承認