【暴露】北斗の拳の原作者、武論尊氏の印税 | バラエティ劇場

【暴露】北斗の拳の原作者、武論尊氏の印税


北斗の拳は、コミック誌からパチンコ機まで登場する超人気キャラクターだが、のの人気コミック「北斗の拳」の原作者の武論尊氏が印税を明らかにした。


これは、22日に出演したTBSテレビ系の情報番組「ジョブチューン職業のヒミツぶっちゃけます」で暴露したもので、何と単行本のコミックだけで、約20億円の印税収入だという。

これは、コミック誌が1冊400円で印税は5%。

これまでに1億部以上売れているから

400円×5%×1億円=20億円

となる。

凄い額である。

では、パチスロ機使用料の金額はいくらぐらいか気になるところだ。

パチスロ機は今までに100万台以上が売れているという。

この金額に関して武論尊氏は、聞くと不愉快になるという理由で公開しなかったが、すごい金額だろうという事は想像できる。

しかし、この武論尊氏は原作者で作画はしていないんですね。

でも、それだけでこの金額を稼ぎ出すとは恐れ入ります。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » コミック » 【暴露】北斗の拳の原作者、武論尊氏の印税