「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のあらすじ | バラエティ劇場

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のあらすじ


世界的な人気作家である、村上春樹氏が3年ぶりとなる新作長編小説を発売した。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、前評判も高く、初回販売部数は60万部に達している。

全国の書店や、ネット販売でも予約が好調だ。

そんななか、12日に「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が販売されたが、全国の書店では、お店の開店時間を通常より3時間繰り上げたり、特設のコーナーに工夫をこらしたり、対応に追われた。

村上春樹氏によると初めは短編小説のつもりで書き始めたのが、いつの間にか長編小説になってしまった。と語っている。

短編小説構想が、長編小説に変わるという事は、それだけ執筆中に熱が入った証拠だろう。

これは、是非、購入して読まないと世間、いや世界の流行に乗り遅れてしまう。

ところで、中身が気になるのだが、少しでもいいからわからないだろうか?

ありました、少しだけの内容ですがここに紹介しますね。後は、興味が沸いたら是非、購入してみて下さい。

この書店なら送料無料ですよ。

【簡単なあらすじ】

高校時代に仲間4人から絶縁されて青春時代に心に孤独とむなしさの深い傷を負った36歳の男性が、事の真相を知ろうと自らの人生を問い直していくストーリー。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のあらすじ