ろ胞性悪性リンパ腫とは? | バラエティ劇場

ろ胞性悪性リンパ腫とは?


ろ胞性悪性リンパ腫とは、リンパ組織にできる癌です。

ろ胞性悪性リンパ腫は、癌のなかでは進行も遅く、大きな自覚症状はありません。

そのために、何年もかかって癌が進行していきます。

また、自覚症状がないため、早期発見が遅れがちで、ろ胞性悪性リンパ腫は進行していきます。

ろ胞性悪性リンパ腫が発見されるきっかけは、リンパ腺の腫れから、発見される事が多いです。

しかし、ろ胞性悪性リンパ腫は、からだのン中を流れるリンパ腺にできる癌なので、リンパ腺が腫れる場所が移動したりします。

他の癌との違いは、他の臓器に転移する可能性が非常に少ない事です。

最近は、30代以降の和かい世代にも発症する事が多くなりました。

バンドグループのsophiaは、メンバーでキーボードの都啓一が「ろ胞性悪性リンパ腫」と診断されたため活動を一時休止していたが、2011年には活動を再開していた。

来年の2014年には、結成20周年を控えていたが、現在行っている全国ツアーを最期にバンド活動を休止する事になった。

ファイナルは8月12日の日本武道館になる。

今回の活動休止宣言に、キーボードの都啓一の「ろ胞性悪性リンパ腫」が関係しているかどうかは、わかっていない。

sophiaの初回限定盤です。希少価値ですよ!!

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » ろ胞性悪性リンパ腫とは?