歌舞伎座こけら落とし 最初の演目 画像 | バラエティ劇場

歌舞伎座こけら落とし 最初の演目 画像



4月2日、新歌舞伎座がスタートする。そこで、演じられる最初の演目が、「壽祝歌舞伎華彩(ことぶきいわうかぶきのいろどり)」だ。

この、「壽祝歌舞伎華彩」は、人間国宝の坂田藤十郎さん(81)の鶴に、孫の中村壱太郎(かずたろう)さん(22)らが、10代から80代までが出演する世代を超えたにぎやかな舞台になる。

実は、この演目は市川團十郎さんの雄鶴、藤十郎さんの雌鶴で共演することが決まっていたが、市川團十郎さんが2月に亡くなり、江戸と上方、それぞれの大名跡の顔合わせがかなわなくなった。

それで、急遽、藤十郎さん自らが新しい趣向を考えたという。

歌舞伎座の閉場中に、実に5人もの名優が亡くなっていた。

市川團十郎さん、中村勘三郎さん、中村富十郎さん、中村芝翫(しかん)さん、中村雀右衛門(じゃくえもん)だ。

歌舞伎座開場を前に危機を心配する声も上がっていたが、若手俳優も育ちつつあり、若手からは試練を乗り切って行こうという気持が強く、明るい光明が見え始めているという。

歌舞伎は400年の歴史がある。それは世代交代の歴史でもある。

歌舞伎座が新しく開場をするにあたり、歌舞伎界も新しいスタートの1ページが開かれようとしている。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 歌舞伎座こけら落とし 最初の演目 画像