大河原邦男展、兵庫県立美術館で始まる 画像 | バラエティ劇場

大河原邦男展、兵庫県立美術館で始まる 画像


メカニカルデザインという、耳慣れない言葉を確立した、メカニカルデザイナー大河原邦男展が、神戸市中央区の兵庫県立美術館で始まった。


メカニカルデザインとは、主にアニメーション作品に登場するロボットなどをデザインする事を指す。

大河原邦男氏が、この仕事を手掛ける前までは、メカニカルデザインという名前はなかった。

大河原邦男氏の前には、先輩がいなく、全部独学で一から勉強したという。

イラスト集から新聞チラシなど全てに目を通して見よう見まねでやってきた。と苦労を語っている。

大河原邦男氏は。「科学忍者隊ガッチャマン」「銀河漂流バイファム」「タイムボカン」「機動戦士ガンダム」などのアニメ作品を手掛けてきた。

作品には、硬質でリアリティのある物からユーモアに満ちた物までいろいろな作品があり、年代、性別、国境を越えて世界の人々から親しまれている。

兵庫県立美術館で、3月23日(土)~5月19日(日)まで開催されています。

開館時間は午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時迄)

休館日毎週月曜日で、GWの4月29日、5月6日は開館する。(ただし、4月30日、5月7日は休館)

閲覧料は、当日料金、一般1300円、大学生900円、高校生650円、中学生以下は無料です。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » アニメ, 日曜洋画劇場 » 大河原邦男展、兵庫県立美術館で始まる 画像