スターバックスコーヒージャパン コーヒーの量を黙って減らす | バラエティ劇場

スターバックスコーヒージャパン コーヒーの量を黙って減らす


国内最大手のコーヒーチェーン、スターバックスコーヒージャパンがコーヒーの量をお客に告知もなく減らしていた。

スターバックスは今月の5日から、従業員向けのガイドラインでコーヒーの量を変更するように改変した。

この件に関しては、スターバックスからの発表もなければ、これからも顧客への告知も検討していないという。

これだは、詐欺ではないか?おお客の一部からも不満の声があがっている。

では、どのように変更されたかというと、ドリップコーヒーだと、容器の最上部から6ミリまで注ぐ基準を15ミリに変更したのだ。

実際に丸の内のある店舗で計ってみたら、最上部より20ミリだった。ガイドラインより更に減っていた。

スターバックスによると、この改変は経費削減ではなく、今までも量が多すぎてこぼしたり、火傷の危険性があるという事で改定したという。

対象品目は高温のお湯を使うドリップコーヒー、ティー、カフェアメリカ―ノだ。

ちなみに、量を多くといえば対応してくれるという。ということは、牛丼のつゆだくのように、カウンターで量、大盛りといえば今まで通り注いでくれるという事らしい。

スターバックスは、今後、不満の声が多くなれば対処すると話している。

しかし、せめて量の変更をしたことは告知すべきだと思うがどうだろう。

ちなみに、日本にあるショートサイズは本家のアメリカにはなく、裏メニューで存在するらしいが値段は日本の約半分の140円だ。

いかに日本人から取れる所は取ろうという発想に思えてしまう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » スターバックスコーヒージャパン コーヒーの量を黙って減らす