宮迫博之が罹患した胃がんは大丈夫?予防法は? | バラエティ劇場

宮迫博之が罹患した胃がんは大丈夫?予防法は?


お笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんが胃がんに羅患し手術を受ける事になったが、胃がんは生命に別状はないのでしょうか?予防法はあるのでしょうか?

宮迫博之が胃がんとわかり、「まだ若いのに」という声が聞かれます。宮迫は42才ですが、胃がんの好発年齢は40才から70才で、若すぎるということはありません。

そして、胃がんは女性より男性になる確立が2倍くらい高い病気なのです。

胃がんは、早期は自覚症状がなく後に進行がんとして発見されて手遅れになることもありますが、早期に発見すれば予後のいいがんです。

宮迫の場合も定期人間ドッグでの発見ですから早期の発見で手術が無事成功すれば何ら問題はないでしょう。

では、40代から発祥しやすい胃がんはどうして起きるのでしょうか?

胃がんは、一時期胃潰瘍から起きると言われていましたが、これは間違いです。

WHO(世界保健機構)によると、胃がんはピロリ菌が原因であると結論づけられています。

ピロリ菌は、日本でも20〜40歳では20〜40%が感染しているといわれています。

しかし、ピロリ菌は下地をつくるだけで、これに飲酒や喫煙などが加わる事で胃がんになるのです。

ピロリ菌に感染しているかどうかは、検査ですぐ分かるそうですので、一度調べてもらいこれから胃がん対策されてはどうですか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 宮迫博之が罹患した胃がんは大丈夫?予防法は?