橋下市長のノーサイドの意味とは? | バラエティ劇場

橋下市長のノーサイドの意味とは?


先日、橋下市長に関する記事を掲載した週刊朝日と、親会社の朝日新聞社が橋下市長に謝罪したが、「これでノーサイド」と橋下市長は語ったが、ノーサイドの意味は何?


この事件は「週刊朝日」10月26日号で橋下市長の経歴を洗い出す「「ハシシタ 奴やつの本性」の連載記事が始まった事が発端だ。

連載記事は翌週から連載打ち切りとなった。

これに関し、橋下市長は差別や偏見など人権侵害と怒りをあらわにした。

これに週刊朝日、朝日新聞は橋下市長はじめ多くの方のご迷惑をかけたと広報部を通じてコメントしている。

これに関連して橋下市長はツイッターで「これでノーサイドにしてやる」と書き込んだ。

ところで、時々色々な人が使うけれど「ノーサイド」ってどういう意味?

ノーサイドとは、ラグビー用語で試合終了の事を表わすようだ。

試合後は、お互いのサイドが無くなり、敵味方の」区別が無くなるという意味でつかわれている。

最近では、野田首相が代表就任後に使っていますね。

これで一つ勉強になりました。

でも口とは裏腹に後で感情が残ってたりするんですよね。

特に政治の世界は。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 橋下市長のノーサイドの意味とは?