相棒season11 第2話 あらすじ | バラエティ劇場

相棒season11 第2話 あらすじ


相棒の3人目の相棒、甲斐享(成宮寛貴)が特命係として活躍する。

甲斐享の元所属先、捜査一係に舞い込んだ事件を堀江(山口良一)は扱いに困り元部下の甲斐享に押し付けてしまう。

事件とは、オークションハウスの」オーナーからジャズピアニストの自らの腕をかたどった石膏製の腕を探して欲しいというもの。

オークションハウスのオーナー坂巻百合子(岡まゆみ)は甲斐享の提案を受けてマスコミに呼びかけてみた。

数日後、新聞やテレビで連日報道され、当初、オークション価格が1000万円だったものが3000万円まで高騰した。

そんな折、腕が見つかったと特命係に連絡が入る。

この高価な腕を巡って殺人事件が発生する。

果たして犯人は誰か。

杉下右京(水谷豊)の名推理が始まる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 相棒season11 第2話 あらすじ