ノーベル生理学・医学賞受賞 山中教授 iPS細胞とは | バラエティ劇場

ノーベル生理学・医学賞受賞 山中教授 iPS細胞とは


山中伸弥教授

2012年のノーベル生理学・医学賞に日本の京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英国のジョン・ガードン博士(79)が共同受賞した。

ノーベル賞受賞対象の研究となった、iPS細胞とはどんな研究なのでしょうか?

iPS細胞とは新型万能細胞と言う意味で、人間の細胞は60兆個の細胞からできているが、初めはたった1つの受精卵が分裂と変化を繰り返し、

脳や皮膚、内臓などに変化していったものだ。

これらの変化した細胞は元に戻ったり、他の細胞に変化しないものだと思われていたが、山中教授の研究で、わずか4種類の遺伝子を細胞に入れるだけで、

皮膚の細胞を受精卵に近い状態まで若返らせることに成功した。

共同受賞のジョン・ガードン博士はカエルの実験で大人の細胞が受精卵の状態に戻るという事を核移植技術で照明した。

1962年にこの実験をしていて、山中伸弥教授はこの歳に生れている。

山中伸弥教授の研究の開拓者でもある。

研究内容はすごいと思う。これから、もっと研究を進めたらいろんな応用がきくような研究に思える。

少し怖さもあるが、これからの研究に邁進してほしい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » ノーベル生理学・医学賞受賞 山中教授 iPS細胞とは