ガンダム助監督 殺人予告メール冤罪とわかり釈放される | バラエティ劇場

ガンダム助監督 殺人予告メール冤罪とわかり釈放される


機動戦士ガンダム00の助監督や、ケロロ軍曹を担当したアニメ演出家北村真咲は、大阪市のホームページに殺人予告メールを送った罪で交流されていたが、冤罪とわかり釈放された。

ガンダム助監督、アニメ演出家北村真咲は7月に自宅パソコンから大阪市のホームページにヲタロード(大阪・日本橋)で

大量殺人すると書き込んでメールを送信していた。

また8月にも、成田発、日航機に爆発物を仕掛けたというメールが送られていた。

庁さの結果、いずれも北村氏のパソコンが不正なプログラムに汚染され、遠隔操作されていた事がわかった。

このウイルスは、今まで国内で確認されていなかったもので、市販の」ウイルスソフトでは検知されないという。

また、三重県でも同様の事件が起こっていたが、いずれも釈放されている。

怖いですね。

不正なサイバーテロで一般人も犯罪者にしたられてしまう可能性があるという事です。

便利ですが、危険が伴うコンピューター時代ですね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » ガンダム助監督 殺人予告メール冤罪とわかり釈放される