名探偵コナン 制作会社訴えられる 過酷な労働条件 | バラエティ劇場

名探偵コナン 制作会社訴えられる 過酷な労働条件


名探偵コナンは人気アニメとして有名だが、その制作会社「スタジオ・イースター」が過酷な労働条件で訴えられた。

提訴の内容は、制作会社「スタジオ・イースター」の社員3名が、不不払いの残業代や慰謝料などで3500万円の支払いを求めている。

訴えの内容は、週6日の勤務で締め切り前は7時間の残業をさせられたが、残業代は一切、支払われなかったという。

また、他の男性社員は」原がでスキャナーを取り込む作業を多い日は1日、千枚以上をこなしたが頚椎症になったという。

これに対して会社は争う姿勢を示している。

残業代に関しては、アニメ業界には残業代という考え方はない。と言われたという。

アニメの制作は昔から、過酷で低賃金だと言われていたが、いまだに直っていなかった。

アンケートによると動画担当者の平均年収は105万円で、原画担当で200万円未満だという。

普通に、この金額だけでも低額だが、多くの残業をこなして、この金額では異常であろう。

ほとんどが手作業で人件費がかさみ、採算があわないのだろうか?

雑誌、テレビ、映画、DVDなどで十二分に収益は上がっていると思うのだが?

この状態が長く続く様であれば、日本のアニメ王国も将来が心配になってくる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » コミック » 名探偵コナン 制作会社訴えられる 過酷な労働条件