済々黌 ドカベンで学んだルールで鳴門から追加点 | バラエティ劇場

済々黌 ドカベンで学んだルールで鳴門から追加点


済々黌 対鳴門

8月13日、第94回全国高校野球選手権第6日、済々黌対鳴門の試合が行われたが、済々黌は7回裏、漫画のドカベンから学んだプレーで追加点を挙げた。

珍しいプレーだった。

また、改めて野球規則7.10を読み直してみた。

問題のシーンは、済々黌の攻撃、7回裏で起こった。

済々黌は1死1.3塁で西選手が好打するも鳴門の遊撃手に好捕され、1塁に転送されて走者が戻れずアウトとなった。

ところがチェンジとなる前に、3塁走者の中村謙が帰塁せずに、そのまま本塁を踏み、追加点が入った。

これを防ぐためには、鳴門は3塁でアウトを取るアピールをしなければならなかった。

殊勲者の中村謙は、小学生の時に読んだ野球漫画の「ドカベン」でこのルールを知ったという。

中村謙選手は、狙っていた。認められるまではドキドキしていたと語っている。

また、済々黌のナインもアピール権が消滅するように、急いでベンチから引き上げる徹底ぶりだった。

思わず、漫画の知識は活かせた頭脳プレーでした。

今だけ!ソフトバンク携帯実質0円!



この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 済々黌 ドカベンで学んだルールで鳴門から追加点