ロンドン五輪 男子サッカー 韓国戦 怪我の心配 | バラエティ劇場

ロンドン五輪 男子サッカー 韓国戦 怪我の心配


ロンドン五輪男子サッカー

8月8日、ロンドン五輪男子サッカーはメキシコに1-3で逆転負けして韓国と3位決定戦を争う。

3位決定戦の対戦相手が韓国となったことから、ネット上では多くの心配の声があがっている。

韓国は日本との3位決定戦で勝利すれば2年間の兵役が免除され多額の報奨金が貰える。

韓国の選手たちは悲壮で必死だ。

しかし、韓国の選手はサッカーを格闘技と勘違いしているのかラフプレイは世界的に有名だ。

それが証拠に韓国が他国と戦えるのは国際大会だけで、韓国が親善試合を申し入れても断固として拒絶する。

日本は、三浦知良の尾てい骨骨骨折、城彰二の前歯4本破折、中村北斗の右膝前十字靭帯損傷、大久保嘉人の左膝靭帯損傷、

駒野友一の右上腕部骨折などたくさんの怪我を韓国戦でしている。しかもすべてが全治数カ月から1年の重症で重い。

昨年はわが国のエース、香川真司までが右第5中足骨骨折を負い、ブンデスリーガMVPの夢がかなわなかった。

ネット上では、日本選手を心配するこんな声まである。

「3位決定戦を奉仕して、日本選手は即座に帰国してほしい」

10日の3位決定戦、勝敗も気になりますが、くれぐれも怪我人が出ない事を祈ります。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » ロンドン五輪 男子サッカー 韓国戦 怪我の心配