ロンドン五輪をソーシャリンピックスと呼び始めた。 | バラエティ劇場

ロンドン五輪をソーシャリンピックスと呼び始めた。


2012のロンドン五輪オリンピックを「ツイッター」や「フェイスブック」などSNSが大活躍するソーシャリンピックスと呼び始めた。


欧米メディアやエンタメ業界はこの動向に注目している。

ロンドンオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(LOCOG)の報道責任者、ジャッキー・ブロック・ドイルさんは、

ロンドン五輪オリンピックでは、誰でもがソーシャルメディアを駆使して、これまでと違った方法で熱狂するだろうと話している。

そんな盛り上がりを受けて国際オリンピック委員会(IOC)は、人気選手のツイッターやフェイスブックとつながる専用サイト「アスリーツ・ハブ」を開設した。

五輪開始後は、選手村からリアルタイム発信をする。

また、選手にも宣伝ではなく1人称での投稿を推奨している。

そこで、五輪の主催者側は、会場で働くボランティアに情報のネット投稿を禁止した。

また、一般の観客にも選手たちの写真や動画の投稿を禁止した。

ソーシャリンピックスに対するスポンサーへの配慮からだ。

しかし、SNSは選手たちにとってもろ刃の剣だ。

投稿者からの悪意に満ちた投稿も考えられるからだ。

しかし、初のソーシャリンピックスがどのように運営され幕を閉じるのか楽しみだ。

→ 専用サイト「アスリーツ・ハブ」

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » ロンドン五輪をソーシャリンピックスと呼び始めた。