6月6日 太陽面通過 日面通過 | バラエティ劇場

6月6日 太陽面通過 日面通過


6月6日に、太陽と地球と金星が一直線に並び、太陽面通過、日面通過が見られる。

地球から見ると太陽の前面を金星が通過するのが見える。

この現象は太陽面通過、日面通過と2つの呼び方があるが、公開天文ネットワークでは、金星の太陽面通過という言い方が採用されている。

この現象は2004年依頼8年ぶりだが、この時は天気が悪く観測ができなかった。

次の機会は2117年12月11日で105年も先になる。

6月6日の観測時間は6時間半もあり、金環日食の5分とくらべれば時間的には十分余裕がある。

スタートは午前7時10分頃からはじまる。

金星を確認できるかどうかは肉眼で判別できるギリギリの大きさになる。

日食メガネや日食グラスを使うと分解能力が落ちるから肉眼で見る事ができるかどうかは微妙だ。

しかし、次は105年後にしか見る事が出来ない天体ショーです。是非、挑戦してみて下さい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 6月6日 太陽面通過 日面通過