日食網膜症 症状 治療法がない | バラエティ劇場

日食網膜症 症状 治療法がない


明日の21日、いよいよ金環日食が観察できますが、くれぐれも日食網膜症に注意しましょう。

日食網膜症の症状が出ても、現在、治療法がありません。


日食網膜症とは、太陽光線で網膜に障害が生じる症状の事をいいます。

分かりやすく説明すると網膜が火傷を起こすという事です。

太陽光線の内、青い光の影響が大きく、特に小さいお子さんが網膜を傷めやす
いです。

太陽の光には、目に見える光のはかに紫外線や赤外線など目に見えない光線が含まれています。

そのなかでも波長の短い光がメラニン色素に吸収され、光化学反応が起きて視細胞に障害が起きるという仕組みです。

日食網膜症にかかると、その場では痛みや熱さは感じませんが、跡で視野の異常や視力低下が起きます。

最悪、失明したり視力障害が起きます。

現在のところ、特に有効な治療法はありませんので、予防が大事です。

日食網膜症は、明日のような日食が起こる日に特に患者が増えるので注意が必要です。

専用のメガネを使っていても、太陽をf連続で凝視するのはよくありません。

長くても2分ほどに抑えておくのがよいでしょう。

絶対に太陽は直接見ないようにしましょう。

チラ見もいけません。

♪無料ツイッター超便利ツール・プレゼント♪
★フォローしてくれた方を確実にフォロー返ししてくれる
★何をつぶやいていいのかわからない
これがあればつぶやくネタに困ることはありません。
★一方的なフォロー、フォロワーが人目でわかる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 日食網膜症 症状 治療法がない