風の谷のナウシカ 金曜ロードSHOW! あらすじ | バラエティ劇場

風の谷のナウシカ 金曜ロードSHOW! あらすじ


金曜ロードSHOW!で5月11日、風の谷のナウシカが放送される。

宮崎駿が月刊「アニメージュ」に連載中の原作をもとに、自ら脚本・監督を手掛けた、劇場長編アニメ第2作だ。

舞台は「火の七日間」と呼ばれる大戦争で、文明社会が滅びてから1000年。

有毒な「瘴気(しょうき)」を発する森「腐海」と、そこに住む巨大な蟲たちとの共存が、人類にとって最大の課題となっている時代。

主人公の風の谷のナウシカは、蟲と心を通わせることができる素直で勇敢な少女だ。

文明の力をもって腐海と蟲たちを制しようとする人々に立ち向かう姿を描いている。

ある夜、風の谷に大国・トルメキアの巨大な輸送船が墜落する。

そこから物語が一気に展開していく。

ナウシカは、腐海の蟲に襲われるアスベルを助け出すが、一緒に腐海の地下の空洞へと吸い込まれていく。

たどりついた場所は、地上より空気が清浄な場所だった。

腐海の植物は汚染された空気や水を自らに取り込み、美しい結晶に変えていたのだ。その森を守るために、蟲は戦っていたのだった。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 映画 » 風の谷のナウシカ 金曜ロードSHOW! あらすじ