Google drive 使い方 | バラエティ劇場

Google drive 使い方


Google driveが、とうとう概要を表した。


クラウドストレージ業界もDropboxの独壇場だったがマイクロソフトのSkyDrive、

アップルのiCloud、Evernote、Boxの参入で競争が激しくなてきた。

そこに今回のグーグルDriveは既存の先頭集団から頭一個抜けてるかもしれません。

Google Driveは、自分のファイルをGoogleのサーバ上、つまり「クラウド上」に保存できるサービスです。

無料のGoogle Driveアプリケーションを実行すると、自分のコンピュータ上にフォルダが作成される。

このフォルダはハードディスク上のディレクトリと同じように表示され、そこへファイルをドラッグできる。

そのGoogle Driveフォルダに保存されたファイルはすべて、コンピュータのハードディスクに保持されるとともに、
クラウドサーバの自分のアカウントにもコピーされる。

そうしたファイルには「drive.google.com」のサイトや、モバイル端末を含むほかのコンピュータからアクセスできる。

Dropboxは、人気の高いファイル同期および保存サービスで、先行している分、多くの支持を集めており、
設定や使用の方法はGoogle Driveよりも簡単である。

Dropboxを使うとファイルの共有が特に簡単に行える。

Google driveが良い点は検索機能だろう。

Google Driveにアップロードした文書ファイルや画像を素早く検索できる。

変更の履歴も追えるので、ある文書に変更を加えて保存押してからも、過去30日分まで遡って変更前のバージョンを表示することができます。

また、5Gまで無料なのも魅力だ。

Dropboxは無料で使えるのが2GBだけです。

クラウドストレージ業界もGoogleが独り占めするのでしょうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » Google drive 使い方