2012第84回センバツ高校野球 2日目 試合展望 | バラエティ劇場

2012第84回センバツ高校野球 2日目 試合展望


2012第84回センバツ高校野球が21にち、甲子園ではじまる。

今日は2日目の試合を予想してみます。

(以下引用)

第1試合 09:00 九州学院(熊本) - 女満別(北海道)

九学打線対二階堂の構図となりそう。1年時から経験豊富な溝脇、萩原を軸になかなか三振をしない打線であり、
足で揺さぶる攻めも健在。山下翼よりも速いと言われる下位を打つ2年生・島田の足にも注目。

また1年時から経験豊富な左腕エース大塚も好調。女満別は二階堂が順調な仕上がりで万全な形で試合に臨めそうで、
140㌔後半も計時するかも。

ランナーを気にする悪癖が改善していれば、抑えることも可能。

逆に打線は対外試合ではなかなか点を取れず、少ないチャンスをいかにモノにするか。

平田、菅原、前田らがどこまで左腕の大塚を打てるかにかかってきそう。

守備の出来によって接戦も大差もありそうだ。

 

第2試合 11:30 天 理(奈良) - 高崎健康福祉大高崎(群馬)

両チームの対照的な左腕エースの出来で左右しそうだ。

天理の中谷は昨春センバツでは2試合登板で安定感抜群の投球を披露。

ストレートがどこまで伸びているか楽しみ。

健大高崎の三木は逆に荒れ球が持ち味。

昨夏の甲子園でも登板済みで持ち味を発揮できれば天理打線と言えど、打ち崩すのは容易ではなさそう。

両チームの打線も対照的で天理は大型で攻撃的、健大高崎は小柄で足を絡める攻撃が持ち味。

天理の吉村、健大高崎の竹内がキーマンとなりそう。打撃戦も投手戦もありそうでなかなか読みにくいカードの一つである。

 

第3試合 14:00 石巻工(宮城) - 神村学園(鹿児島)

21世紀枠と九州チャンピオンの対戦。石巻工はエースで4番の三浦の出来にかかりそうで、
阿部剛、荒川のリレーで失点を食い止めたい。

1番の奥津が打撃好調で突破口を開きたい所。

神村学園は平藪、柿澤の左右の投手が強み。

打線は神宮大会を見る限り強力で、俊足の1番新納、長打のある平藪、柿澤、古賀、大坪など
長打も足もありバリエーション豊富な打線の印象。

神村学園有利に進みそうだが、中盤まで接戦だと何が起こるかわからない。

(スポーツナビより引用)

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法
一流のプレーを生み出す動作感覚  ~ソフトボール選手が知っておきたい力の使い方~

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 2012第84回センバツ高校野球 2日目 試合展望