早海さんと呼ばれる日 最終回 あらすじ | バラエティ劇場

早海さんと呼ばれる日 最終回 あらすじ



3月18日に、早海さんと呼ばれる日の第10話、最終回が放送される。

松下奈緒演じる、家事のできないお嬢様が、男だらけの貧乏一家に嫁ぐホームドラマが終わる。

(以下引用)

恭一(井ノ原快彦)の言葉にショックを受けた優梨子(松下奈緒)が家出した。

それ以後、連絡が取れない優梨子を研二(要潤)らは心配するが、
恭一は彼女を捜しに行こうとしない。

そのころ、優梨子は気晴らしに高級ホテルにいたが、心は沈むばかり。

そんな中、恵太郎(船越英一郎)に詐欺を仕掛けた椎名(尾上寛之)が現れ、
恭一は金を渡して穏便に済ませる。

研二はその場を取り繕う恭一の態度が優梨子の家出にもつながったと非難する。

(引用終わり)


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 早海さんと呼ばれる日 最終回 あらすじ