井上真央主演、おひさま最終回 期間平均視聴率18.8% 最終回は21.6% | バラエティ劇場

井上真央主演、おひさま最終回 期間平均視聴率18.8% 最終回は21.6%

HK連続テレビ小説「おひさま」の最終回が1日、放送された。
期間平均視聴率は18.8%で、「ゲゲゲの女房」の18.6%を上回った。


井上真央さん主演のNHK連続テレビ小説「おひさま」は昭和7(1932)年に病気の母のため、
東京から長野県の安曇野に引っ越してきた所から始まる。

ドラマと現実の区別がつかなくなった熱狂的な視聴者が米や金銭を送ってくる“おしん現象”も起きていた。
特に東日本大震災の被災者を中心に大きな反響があったという。

番組へは幅広い年齢の視聴者から、月に150~200通のはがきや封書が届いていた。


Yahoo!ニュースはこちら
   ↓   ↓   ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111003-00000006-mantan-ent

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 井上真央主演、おひさま最終回 期間平均視聴率18.8% 最終回は21.6%