ロンドン五輪アジア最終予選 バーレーン戦 メンバー | バラエティ劇場

ロンドン五輪アジア最終予選 バーレーン戦 メンバー


日本サッカー協会は、

3月14日に行われる、

ロンドン五輪アジア最終予選 

バーレーン戦の日本代表メンバー19名を発表した。


GK権田修一
  増田卓也
  安藤駿介
DF: 比嘉祐介
  大岩一貴
  鈴木大輔
  吉田豊
  酒井宏樹
  濱田水輝
  高橋祥平
MF: 山本康裕
  山村和也
  東慶悟
  山口螢
  扇原貴宏
  清武弘嗣
FW: 永井謙佑
  齋藤学
  工藤壮人
  原口元気
  大津祐樹

(以下引用)
 日本サッカー協会は8日、都内のJFAハウスで記者会見を開き、
3月14日に行われるロンドン五輪アジア最終予選の第6戦・バーレーン戦(ホーム)に臨む
U-23日本代表メンバー19名を発表した。

 先月22日のマレーシア戦にも招集された
原口元気(浦和)、酒井宏樹(柏)、永井謙佑(名古屋)らが選出されたほか、
出場停止となる大迫勇也(鹿島)に代わって、工藤壮人(柏)が招集された。

復帰がうわさされた清武弘嗣(セレッソ大阪)の選出は見送られた。

なお、関塚隆監督は今週末のJリーグを見て、追加招集する可能性を示唆している。

 五輪アジア最終予選は2次予選を勝ち上がった12チームを4チームずつの3グループに分け、
ホーム&アウエーの総当たり戦を行う。

各組1位が本大会出場権を獲得し、各組2位はアジア地区プレーオフに進出。

勝者がアフリカ予選の4位チームと大陸間プレーオフを行う。

日本は、勝ち点12でグループCの首位につけており、
バーレーン戦で引き分け以上の結果を残せば、5大会連続となる五輪出場が決まる。

(引用終わり)

ホームで戦う有利を活かし、引き分けといわず、圧倒的な勝利をおさめて、

本大会進出を決めてほしい。  

頑張れ、ニッポン!!

【第2弾】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法「超初級編」

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » ロンドン五輪アジア最終予選 バーレーン戦 メンバー