南極大陸 最終回 視聴率 あらすじ   | バラエティ劇場

南極大陸 最終回 視聴率 あらすじ  


南極大陸は、いよいよ最終回を迎えます。

前回(第8話)の視聴率は16.7%と、

その前(第7話)より1.7%7上がりました。

それでも、20%超えは確実とみられていたドラマだけに、最終回は頑張ってもらいたいものです。

⇒人気BLOG RANKING

第三次南極観測隊への参加を断念した倉持岳志 (木村拓哉) だったが、
氷室 (堺雅人) や 星野 (香川照之) の働きかけにより、再び参加することが出来た。

犬たちが生きているという“奇跡”を信じ南極観測船 「 宗谷 」は、昭和33年11月12日、南極ヘ向け出航する。


「 宗谷 」 は改良されてはいたが、またしても氷に阻まれ、なかなか前に進まない。

「 宗谷 」 での上陸を目指すが、空輸で越冬隊と必要物資を運搬する作戦をたてる。

少しでも早く犬の安否を確認したい白崎(柴田恭兵)は、
ヘリで一足先に昭和基地に偵察に行く任務を倉持に託そうとするのだが…。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 南極大陸 最終回 視聴率 あらすじ