ランナウェイ 12月15日 あらすじ | バラエティ劇場

ランナウェイ 12月15日 あらすじ



ランナウェイ 愛する君のために 

の第8話、12月15日のあらすじです。

中島刑事(徳井優)が、

5年前の警官殺しの事件に関わっていたことを柳川(渡哲也)に白状する。


中島が翌朝、自殺した。5年前の真犯人を突き止めたと思ったが、

これでアタルの無実を証明できる人はいなくなった。

その頃、サクラ(熊田聖亜)はアタル(市原隼人)の代理で金を届けに

病院へ行ったが警察に保護されてしまう。

デポジット料で用意した5千万円も警察に押収された。

一方、千代子(石野真子)は由紀(福田沙紀)の携帯にかかってきた電話をとり、

由紀と娘のために罪をかぶってくれたこと、心から感謝していると話すが、

その後の言葉は、アタルを絶望へと追い込んだ。

気持ちがふさぐアタルの前に、リュウ(塚本高史)・空哉(上田竜也)・シュン(菅田将暉)が、

サクラのニュースを聞きつけ訪ねてきた。

3人は持っている金をアタルにくれるという。

そして、3人とも自首をすると打ち明ける。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事のコメント

[...] 関連記事 ランナウェイ 12月15日 あらすじ [...]

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » ランナウェイ 12月15日 あらすじ