家政婦のミタ あらすじ 12月14日 第10話 | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 12月14日 第10話


家政婦のミタ12月14日、

第10話のあらすじです。

今回も15分延長して放送されます。

三田(松嶋菜々子)は再び阿須田家で働きはじめるが、

亡くした夫と息子の幻覚を時々見るようになる。

三田は激しく気持ちが揺り動く。


三田の心の中で何かが変わり始めていた。晴海(白川由美)は「言いたいことがあったらすれば?

人間らしさを取り戻そうとしているのよ」と

、三田を元気づける。

阿須田家の人々へ愛情がどんどん深まっていく三田。

そんな頃、夕食の準備をしている三田を手伝っていた希衣(本田望結)が火傷を負う。

やはり自分が周りの人を不幸にするという思いから逃れられない。

三田は死んだ夫と息子の幻覚と向き合うために遊園地へ出かける。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事のコメント

[...] 関連記事はこちら 家政婦のミタ あらすじ 12月14日 第10話 [...]

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 12月14日 第10話