南極大陸 視聴率 あらすじ 第9話  | バラエティ劇場

南極大陸 視聴率 あらすじ 第9話 


南極大陸、第8話の視聴率と

第9話のあらすじです。

視聴率、は前回より1.6%上がりました。


⇒人気BLOG RANKING

帰国した倉持岳志 (木村拓哉) は、樺太犬の飼い主たち1軒ずつに、

“南極での犬たちの生活” を伝える旅に出る。

そこで、飼い主たちの犬を信じる気持ちに触れ、犬たちが生きていることを信じ、第三次隊になり

、再び南極へ行く決意をする倉持。

政府が第三次観測隊の派遣を決定したと聞き、希望を抱くが第一次と二次の越冬隊員は選考から外されるという。

白崎 (柴田恭兵) は、第一次隊からも希望者を募らせてもらえるよう、

選考基準を作った文部省の事務次官を説得する。

その頃、南極に残された犬たちは、生き残るために必死にもがいていた…。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事のコメント

[...] 関連記事はこちら 南極大陸 視聴率 あらすじ 第9話  [...]

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 南極大陸 視聴率 あらすじ 第9話