ランナウェイ あらすじ 12月8日 | バラエティ劇場

ランナウェイ あらすじ 12月8日


第7話、ランナウェイ 

愛する君のために のあらすじです。


→人気BLOG RANKING

現金を手に入れたアタル(市原隼人)は、娘の移植手術のために5千万円を届ける為に、

金を受け取りに来た利夫(千葉雄大)に会うが、アタルに刑利夫は、刑事であることを告げ、

自分を突き飛ばして逃げろと指示する。

アタル(市原隼人)らは、以前から空哉のツイッター仲間でアタルたちの無実を信じ応援してくれている

PANDA(山崎賢人)を静岡・熱海を訪ねる。

PANDAは、サクラの父親の住所も調べ上げてくれていた。

やがて、アタルとサクラ(熊田聖亜)はPANDAの助けで東京に到着。

由紀にバイク便で金を送った後、2人はサクラの父親に会いに行く。

そんな頃、柳川(渡哲也)は、中島刑事(徳井優)や利夫の協力で得た情報を元に、

再捜査を頼むため仙道副総監(渡辺裕之)を訪ねて行った。

関連記事
ランナウェイ 12月15日 あらすじ

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » ランナウェイ あらすじ 12月8日