家政婦のミタ あらすじ 12月7日  | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 12月7日 


今年最高視聴率を記録した

家政婦のミタの12月7日、

第9話のあらすじです。


→人気BLOG RANKING

自分の壮絶な過去を告白した三田(松嶋菜々子)は、約束通り阿須田家を去り、

結(忽那汐里)たちは落ち込む。

恵一(長谷川博己)は家政婦紹介所の晴海(白川由美)に、三田をまたよこしてほしいと要望するが、

翌朝、三田の新たな働き先が決まってしまったと分かり、

ガッカリする。その直後、隣の真利子(佐藤仁美)の家から三田が出てくる。

必死に阿須田家の子供たちが「帰ってきてほしい」と訴えるが、

三田は「私はもう、みなさんとは何の関係もない」と冷たい。

今回の第9話と来週の第10話は15分拡大して放送されます。

そして、いよいよ最終回は2時間の特別スペシャル番組です。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 12月7日